takeda

🍀デザイン図面のお話🍀

こんにちは^^

この時期に、家族が順番にインフルエンザB型を患い・・・

順番が来ないことを心から願っている竹田です。。

B型はイヤだ!!!((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

さて、今日は先日ご契約いただいた堺市K様に

HP掲載の了承をいただきましたので、

私達がどんな図面を描いているのかを少し紹介いたします。

 

1.敷地データ

このデータは、敷地の形状や前面道路・給排水設備の現状が把握でき

図面を作成するのに必要不可欠な図面です。

この図面を、実際に使用しているCADで使えるように処理して

建物などを作成していきます。

 

2.平面図

お施主様よりいただいたデータをもとに、建物や外構エクステリアの

デザインを描画していきます。工事をする為の「施工図」にも使用

しますので、より正確な精度が必要です。

 

3.仕様図面

工事に必要な商材などを記載した図面。

使用する商材が一目で見やすくなっています。現場での色合わせの

時に良く使用しますが、レンガなどは現物もご用意できます。

 

4.外観パース

3Dで立ち上げた図面です。

商材や模様もリアルに表現されていますし、平面図や立面図だけでは

分かりにくかった部分が立体的で見やすくなっています。

 

 

当社事務所での打ち合わせは、CADを使用しながらもできるので、

この写真が、画面の中でクルクル動き回ります!!

クリックで色の変更なども出来るので、悩む時間が少なくてすむし

1回で内容の濃いお打ち合わせが可能ですね!!

 

事務所は、熊取本社と岸和田officeの2か所あるので、

ぜひ、お越しください<m(__)m>

 

 

ちなみに、K様の奥様が、このお家で「美容室」をされる予定です^^

お越しいただくお客様のことを想像しながら、

奥様思いのご主人がこだわった部分も盛りだくさん!!

 

植栽もほぼ図面通りに施工されるので、完成が楽しみです!!

工事の進捗や完成写真などもブログに掲載予定なので、

 

お楽しみに~~~っ!!

 

staff 竹田