アバター

冬こそ照明計画が大事

こんにちは、スタッフ忽那です。

 

祖母の家で、お庭アイテムを発見しました。

コケ始めている招き猫の置物…

コアラのような大きな鼻が特徴的で

なんとも言えない雰囲気を醸し出しています。

 


 

さて、冬も近づいてきまして、

だいぶんと寒くなってきました。

題名に「冬こそ」とつけたのは

単純に陽の上っている時間が短くなるから。

 

夏ならば17時でもまだまだ明るいのに

もう今の時間は真っ暗…。

街灯が整備されていたり、

周辺の家々が照明計画を

しっかりしてくれていればいいのですが。

 

お子さんが学校から帰ってきて。

習い事から帰ってきて。

大人も仕事から帰ってきて。

ほっとする瞬間を照明が演出する!と

言いたいところですが、

 

それ以前の問題で、明るいお家は

不審者を寄せつきにくくする効果があるといいます。

家の周りをきれいに整えておくこととと同じで、

しっかりとした意識のある家というイメージを

持たせることができるそう…。

 

照明計画は、意識の面でも予算の面でも

後回しになりがちな部分です。

 

それなのに、施工後に照明を入れようと思うと

電気配線を通すための工事が必要となってきたりしてしまう。

新築でお庭をこれから検討される方は

照明計画、ぜひ取り入れてみてください。