アバター

庭=家庭菜園は安直すぎる?

こんにちは
梅雨も明け、夏野菜がおいしい季節ですね。
庭ですることといわれて
思い浮かびやすいものの一つに
「家庭菜園」があるのではないでしょうか。
そこで考えてほしいのが、
本当に家庭菜園するかどうか。
————————
個人的な話になり恐縮ですが
私の父がそうで、
もともと、家庭菜園はやらなさそうなタイプでした。
しかし家を建てた時からゴーヤを育て始め、
何年か続けているうちに
少しづつはまっていきました。
今では、ゴーヤの準備は
父の初夏のライフワークです。
—————————
今までも庭がある家に住んでいた方ならともかく、
初めて庭付きの家に住む方は
なかなか想像しにくいかと思います。
冒頭で、本当にやるかどうか考えてと言いましたが、
実はなかなか難しいことだと私は思っています。
絶対にこうする!長年の夢だったんだ!
という状態でない限りは
どうとでもなるお庭を目指すのも手かもしれません。
どうとでもなるというのは
家庭菜園にはまっても、飽きても大丈夫な
可変的な庭を計画することです。
まず、日当たりのよい場所に、
プランターなどを置けるスペースを確保しておきます。
そうすれば手軽に家庭菜園を始めることができます。
その確保したスペースを
コンクリートなどにしておけば、
もし家庭菜園に飽きたとしても、
サービスヤードやBBQするお庭として活用できます。
逆に、もっとやりたくなりそうだと思えれば、
確保したスペースを土にしておいても良いですよね。
プランターに飽きたら、ミニ畑にできます。
お庭のぼんやりとしたイメージはあっても、
具体的にどう使っていくか、
いつまで使っていくかを判断するのは難しいです。
年月の変化によって、
暮らし方も大きく変わっていくでしょう。
わからなくなって、迷って、
適当なお庭になってしまうくらいなら、
ある程度の計画を立て、
後は自分のアレンジ次第!
という形にしても良いかなと思います。