アバター

斑入りの下草 フイリヤブラン

こんにちは

 

あっという間に10月になり、

キンモクセイも香り始めましたね。

姿が見えなくても咲いてるなと感じるほど、

さすがの香りです。

 

カツラの黄葉した葉や赤くなったモミジの葉。

押し花みたいに保存できないかなーと思って調べてみると

どうやら押し花と同じ要領で保存できそうです。

 

今度やってみようと思います。

 


 

さて今日はそんな夏から秋へと移行していく季節に

咲く花をご紹介。

 

ヤブランです。

8月~10月頃に紫色の花を咲かせます。

 

シュッとした葉が特徴的で、

写真のように、

斑入りのものがよく出回っています。

和風の庭に用いられることが多いようですが、

斑入りの種類だと、全然洋風でもいける!と思います。

 

以前の施工事例でRCの壁の際に

植わっているフイリヤブランをみました。

 

RCのキリっとした表情に

ヤブランの葉の細さが合っているなと思いました。

 

「斑入り」というと、

シルバープリペットやアイビーの斑入りのような、

もにゃもにゃっとした斑の入り方を

想像することが多いような気がします。

あれはあれでかわいく、

ナチュラルで良いなあと思います。

 

それに対してフイリヤブランは

葉の両端に白いラインがシュッと入るタイプ。

このラインが、モダンやシンプルなテイストに

うまく溶け込むのだろうと思います。

 

また、日陰にも強い植物なので、

シェードガーデンにも最適です。

 

花が付いていない時期でも

斑入りの葉が足元を明るくしてくれるので

年中付き合いのある

お庭の地植えには最適かと思います。

 

ぜひ秋にかけて咲く下草の

フイリヤブランを検討してみてください。