アバター

浮いたような加工でありきたりでない階段を作る

GWがもうすぐ迫ってきましたね。

nakashouの庭では、

5/3(木)~5/6(日)の間はお休みとさせていただいております。

ご迷惑をおかけいたしますが、

何卒よろしくお願いいたします。

 


 

そんな中、着々と外構が出来上がってきている羽曳野のM様邸。

M様は弊社の住宅事業部商品(D’s STYLE)に興味を持っていただいたことから

始まったお付き合いです。

 

「ありきたりの家では満足できないあなたへ」

というフレーズが本当に良く似合うD’s STYLEですが、

外構も負けてはいられません。

今回は「ありきたりでない階段をM様邸へ」です!

 

(初めてお会いした際もこの青葉台モデルでした!)

 

M様邸は、以前はタイル貼りの階段が作られており、

テイストでいうとモダン寄りの外構でした。

今回はそこをもう少しナチュラルな雰囲気にしたいとのことで、

モルタルの左官仕上げの階段へ変更。

 

ただ、それだけでは

少し寂しく物足りない感じもしたので、

浮いているような軽やかさをもつ浮島の意匠を加えました。

(足で踏むところが出っ張っている加工:浮島加工)

(写真は工事途中のM様邸の浮島階段)

 

浮島にすることで、出っ張っている部分の影を作ることができます。

影を作ることで、モルタル一色な階段に陰影をつけ、

メリハリと存在感のある階段になることを狙いました。

 

浮島階段の施工は、

普通の「ありきたり」の階段よりは手間がかかります。

(ブロック積んで、出っ張っている部分の枠を作って…等)

 

そのため浮島の階段を外構に取り入れているお家は、それほど多くありません。

また、ちょっと高級感があるところもうれしいポイント。

 

高低差があるから色々と制限があって大変…と高低差にうんざりしていても、

高低差があるからこそ、階段があるからこそ、できることもあります。

 

M様邸はまだまだこだわりポイントがあるので、

順次アップしていきます!