アバター

性能も見た目も、シェードガーデンにぴったりの植物

休みの方も休みでない方も

GWが終わってしまいましたね。

もしくは明日までの方もいらっしゃるでしょうか。

 

GW中の5/5のこどもの日には

しょうぶ湯、入られましたでしょうか?

 

私が子供のころは母がスーパーで買ってきたものを入れていました。

今年はスーパーへ行っても

こどもの日に、ちなんだ商品も少なかった感じがします。

イベント事が好きな私にとっては

ちょっと寂しいのですが、我慢の時期ですね!

 

話を戻しまして、

湯に入れるショウブとハナショウブは違う植物なのは

皆様ご存じでしょうか?

↑花菖蒲(ハナショウブ)

 

ついでに言うと同じ「菖蒲」という漢字でありながら、

ショウブとアヤメが違う植物なのもご存じでしょうか?

私は今日まで同じものだと思っておりました…

 

ちなみに尾形光琳の燕子花図のカキツバタも

アヤメや花菖蒲にそっくりなのに、違う植物だそうです…

なんともややこしい世界です…

 

さて、今日はそんなややこしい彼らに似た、

これまたややこしい植物を紹介します。

 

シャガという植物です。

すらりと伸びた葉に繊細なシャガの白い花が

涼やかです。

 

見た目も良いのですが、

シャガのもっと良いところは、

日陰と湿気に強いこと!

 

——————————————

 

広い敷地に住んで

お隣さんとの距離がたくさん保たれない限りは

日陰のスペースというのはできてしまうものです。

 

北側に変なスペースがあって、

特に利用価値もなく持て余している

…というパターンは少なくありません。

 

そういった北側のような日が当たりにくいお庭を

シェードガーデンと呼びます。

 

そのシェードガーデンに合うのがシャガです。

シェードガーデンには

深い緑色の植物が多くなりがちですが、

そんな中でのシャガの白さはとても映えます。

薄暗い中にすっと立つシャガには

目を引くものがあります。

 

日陰だからといって諦めずに

日陰だからこそ楽しめることを

考えてもらえたらいいなと思います。