アバター

青葉台モデルのハンモック サイズと役割

もうすっかりお正月気分も抜け、

緊急事態宣言でピリピリとはしていますが

そんな中、私たちにとっては明るいニュースも。

 

先日から2回に分けてブログで発表された

和泉市青葉台のモデルハウスがオープンしました!

 

青葉台モデルの一部分

 

外構や庭のデザイン・指揮は

ブログをUPしていたお庭スタッフ 羽室が務め、

植栽を植える工事は私を除く外構メンバーと職人さん方で。

完成写真は外構メンバーでもありながら、カメラマンでもある中島の担当です。

写真はこちらで

植栽工事の様子はこちらで

 

植栽工事に参加できなかった私は

おすすめハンモックをピックアップしました。

上記のページには映っていないのですが、

屋内に一つ、屋外に一つ、設置されました。

取付後に撮ってきてもらった写真(屋外の方)

 

今回のハンモックは

ドイツのハンモックブランド 「LA SIESTA(ラ シエスタ)」の

ものを使用しました。

 

ラ シエスタさん HPより

 

ラ シエスタのハンモックは、座り心地も寝心地もばっちりです。

 

ハンモックがあるカフェやハンモックのある民宿など

様々なところでハンモックを目にする機会も増えてきました。

そのため、ハンモックに乗ったことある人も

もう多いのではないでしょうか。

 

しかしながら、いざ乗ってみたら、

「楽しいけど、ああ、こんなもんか…」と

思ったりはしませんでしたか。

 

ハンモックにもピンキリあります。

そして使用用途に合わせて形も様々です。

 


 

今回の青葉台モデルハウスに設置したハンモックには

サブテーマとして

「穏やかな時間」を掲げました。

 

「穏やかな時間」にぴったりくる

素材、サイズ、金具で揃えました。

 

■素材

布タイプを使用することで

ロープ素材よりももっと包み込まれる感覚になります。

温かいとまでは言いませんが、防寒すれば冬でも楽しむことができます。

編み目もみっちり締まっているので、初心者さんには安心感もあります。

 

■サイズ

寝ころべるような大きなサイズ展開もありますが

今回は庭を眺められるように、座るのに適したサイズにしました。

程よく屋外の空気感を感じてもらえたらと思います。

お手軽に、腰かけるつもりでどうぞ。

座るとこんな感じ。

ちなみに室内側のハンモックは屋外のものより大きなサイズで、

ページ下の方に乗り方イメージ載せておきますね。

 

■金具

ハンモックと言っても、今回は

一点釣りのハンモックチェアタイプを選んでいます。

ハンモックチェアタイプというのは

乗ってみたことがある方はわかると思いますが、

少し揺らしていると、くるくると回転してしまいます。

回転まではハンモックの醍醐味としても、困るのがロープがねじれてしまうこと。

ねじりができると、ねじりを直すために、ぐるんぐるんと逆回転してしまいます。

正直目が回ります。

そこで取り付けるのがスイベル。

回転する金具がロープについているので、ねじれが起こりません。

とても快適なので、ぜひ体験してみてください。

そしてもちろん

「穏やかな時間」にぴったりくる「庭」が

目の前には広がっています。

 

住宅街の中の限られたスペースではありますが

ハンモックにゆらりゆらりと身をまかせてみてください。

 

「座る」だけでなく

「眠る」だけでない。

青葉台のハンモックで「穏やかな時間」を

ぜひ体感してみてください。

 

コロナ禍で、気軽にどこかへいける時代ではないかもしれませんが

そういったときにこそ、庭が、

身近で手軽に「穏やかな時間」が流れる場所として

機能すると良いなと思います。

 

 

室内側のハンモックはビッグサイズタイプとなっています。

こちらは座るのではなく、ぜひ寝ころんでみてください。

寝ころび方はこんな感じ。足を延ばして座ってみてください。

 

 

 

何とも言えない寝心地が訪れます。

ここまで大きいのを付けているところは

他のモデルハウスでもあまりないかもしれません。特別です。