アバター

ブルーのタイルを賢く使う

こんにちは

 

先日、山下のブログでもありましたが、
私も温かくなってきたと同時に、外への欲求が高まり、
バルコニーにて鍋を囲む会をしました。

本格的なお庭家具は使用しませんでしたが
キャンプ用のテーブルとチェアで挑みました。

テーブルの上には卓上コンロとキムチ鍋。
チェアにはクッションとひざ掛け。

夜になるとまだ少し肌寒いのですが、
それがちょうどいいんですよね。
最高のキムチ鍋でした。

そしてキャンプ場と違い、家でやるので
寒さを楽しめなくなってきたら、お風呂に入れちゃう。

本格的なキャンパーさんからすると
なんやそれ、みたいな感じなのだと思いますが、
単純にいつもと違って楽しいので、ぜひやってみてください。

———————————————–

さて、今日はタイルのご紹介を。

先日、バリ風のお庭を施工予定のお客様から、
ホワイトとコバルトブルーの2色のタイルを使って
タイルテラスを作りたいというご要望が上がってきました。

確かにバリ風というと
ホワイトかダークブラウンをベースに、
アクセントとしてブルー系が多く取り入れられているように感じます。

もしくは、ファブリック類を赤などの暖色でまとめているのもありますね。

バリ風よりもちょっと大枠で捉えて、
「リゾート」と定義すると、
グレーやベージュなどのニュアンスカラーも
馴染みやすい上に、大人っぽくなると思います。

さて、コバルトブルーのタイルですが
普段あまり使わないのですが、
探してみると色々と出てきました。

まずはリビエラさんのブリッツ/オーシャン

リビエラさんHPより。

深みのある綺麗なブルーです。
緑みが強くて、「オーシャン」という名前にも納得です。
価格も良心的で、比較的取り入れやすそうです。

 

次もリビエラさん。イタリアンタイルR/ブルー


リビエラさんHPより。

こちらはオーシャンに比べると、少し明るめ。
色ムラの幅が広く、少量でも絵になるだろうなと思います。
色合いがモネっぽくて、
バリ風以外でも合いそうだと感じます。

 

次はニッタイさん。ヴェネト/VE-3


落ち着いた色合いのブルーです。
鮮やかすぎていないので、すごく使いやすそうですね。

 

最後は、少し変わり種。
名古屋モザイクさんのアルケミー/9620


金属を叩いたようなテクスチャーになっているそう。


バリ風とは少し違うかもですが、これは気になる風合いです。

 

 

今日は屋外で床にも使えるタイルから、
ブルー色のものを4色ピックアップしました。

屋外の壁用タイルであれば、
もっと様々な色味や風合い、質感のタイルが揃っています。

 

ブルータイルはアクセントとしては取り入れやすい色なので
バリ風をご希望の方にも、そうでない方にも
使っていただきやすいかなと思います。