アバター

照明の演出で魅せる

こんにちは。

最近はあちこちで、ウメやモモの花が咲いています。

少しずつ春が近づいていることを感じます。

さて、本日は照明の演出についてです。

弊社のD’S STYLEの文字が大きく掲げておりますが、

ご覧いた大きたいのは、光の演出についてです。

基本的に照明は、

演出と安全性の確保という

2つの役割があります。

本日ご紹介するのは、演出の方です。

よくスポットライトやアッパーライトという名前で

呼ばれているものですが、

主に下から上に照らします。

常緑樹であれば、一年中葉を照らしてくれますし、

落葉樹であれば、季節の変化を楽しめます。

冬の枝だけでも、樹形がはっきり出て面白いです。

例えば青葉台でモデルでは、

建物の壁に落葉樹のシルエットを映しています。

他にも乱形石を下から照らすと、

昼間とは違う石の凹凸や、

石そのものの存在感を感じることができます。

またマリンライトは、

足元の安全性と演出を兼ねることもできるので、

個人的にはおススメです。

照明もお庭を考えるうえで大事な要素です。

そして、とても奥が深いものです。

光の見え方は、周りの環境にも左右されるからです。

また照明について良いものがあれば、ご紹介致します。

 

hamuro