アバター

気になる雑草の季節。対策は。

こんにちは。

もうずいぶん暖かくなってきて

もう暑いくらいの日もありますね。

アイスコーヒーがおいしい季節です。

 

暖かくなりだした頃に咲くのがこの花

エゴノキ

 

下向きに咲く花がおしとやかでかわいらしいです。

庭木やシンボルツリーにも使える樹なので

ご興味のある方はぜひ検討してみてください。


 

さて、夏ももうすぐという季節になり

雑草もりだくさんのお庭に困っているという方は

多いのではないでしょうか?

 

雑草が生えることで虫も寄せ付けるし

窓からの景色にテンションは下がってしまいます。

そこで今日は雑草対策の1案をご紹介します。

それは人工芝です。

 

人工芝は、

下に「防草シート」という、

字の通り「草を防ぐシート」を施工してから

その上に人工芝本体を敷きます。

 

防草シートが光を遮ってくれるので

日光が当たらず、雑草が生えてこないという訳です。

 

防草シートの上に砂利を敷く手もありますが

薄い防草シートだと砂利で擦れて破れることもあります。

そして何より人工芝の方が、お庭の活用方法が

ぐっと増えるので私からは人工芝をお勧めしたいです。

 

 

人工芝というと、ホームセンターにあるような

「いかにも緑色」というイメージをしませんか?

 

↑こんな感じのイメージ

 

しかし、きちんとしたメーカーのものは

かなりリアルな芝感です。

 

普通の天然芝は冬になると枯れるため

緑の季節になっても茶色い葉が混じっています。

なので、人工芝でもそれを表現。

それだけでかなりナチュラルな雰囲気になります。

 

↑メーカーさんのHPより

 

しかも人工芝にありがちな

テカテカしたツヤも除去。

↑メーカーさんのHPより。

左が今使っている商品 / 右が従来品

 

人工芝を見ていると

メーカーさんも努力されているなあと感じます。

人工芝のメーカーさんが来てくださったときのブログ↓

人工芝

 

また、人工芝にはへたりやすいイメージもありますが

そのあたりも独自の加工でしっかりカバー。

 

おまけにさわり心地も良いので

もし弊社へご来場いただくことがあれば

サンプルをご用意しておりますので

ぜひ触ってみてください。

 

人工芝は10年くらいで

取り替えないといけないものではありますが

天然芝のお手入れを続けていくのは

ちょっと無理!という方にお勧めです。

 

10年たてばライフスタイルにも

変化があることが多いので、

10年後にまた違う庭の使い方を考え直す

…というのも素敵ですね。

人工芝にはメリットもデメリットもあるので

ライフスタイルに合わせた雑草対策を

取り入れてみてくださいね。

 

メリット/デメリットを考慮した上で

雑草を何とかしたいという方は

ぜひ、人工芝感触チェックを兼ねて

ご相談・ご来場お待ちしております。

ガーデン相談会

 

最後に、人工芝施工のために頑張る営業池田さんと監督の井上さん。

作りがしっかりしている分、施工はちょっと頑張らばないといけません。