アバター

造り付け家具(庭仕様)のメリット

こんにちは

コロナと猛暑の夏休みでしたが

楽しく過ごされましたでしょうか?

 

私は朝の涼しい時間だけ、

バルコニーでお茶したりしていました。

 

真夏でも、風さえ通っていれば

朝はまだ涼しい風が通っています。

 

日差しは相変わらずなので、

涼しそうには見えないのですが

木陰を探すなり、タープなどで木陰を作るなりして、

夏でもお庭を楽しんでいただければと思います。

 

 


 

さて、先ほどタープで木陰を作ると言いましたが、

この暑さではなるべく動きたくないのが正直なところ。

 

タープを張るのも一苦労、

腰かける椅子を出すのも一苦労。

 

屋外用のソファやテーブルがあれば楽なのですが

屋外専用家具を持っている方は

まだそれほど多くないかと思われます。

 

また、持っていたとしても、

お手入れが大変だから、

いつもカバーをかけてるという方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

 

私もいつかは買いたいのですが、

1度使ったら、ご丁寧にカバーかけて、

そのあと使わなくなってしまう流れを

やってしまいそうで、まだ買えていません。

 

それでも庭をもっと楽しみたい!と

欲張って考えたのが、造り付け家具です。

 

↓奥のテーブルとソファは、パーゴラ作成と同時に大工さんに作ってもらったもの。

 

造り付け家具だって

お手入れいるじゃないか!と思いますが、

ウッドデッキと同じ素材で作ってしまえば

ウッドデッキの手入れと共に

済ますことができます。

 

ウッドデッキはお手入れすればするほど

長持ちし、その場に馴染んでいきます。

 

自然素材だからこそ、

経年変化が楽しめるようになっています。

できるだけウッドデッキを活用したい、

きれいにしておきたいと思うならば

年に数回のお手入れは必要です。

 

もし、その際に造り付け家具を

一緒にお手入れできたならば…。

 

ガーデンファニチャーの敷居は

低くなるのではないでしょうか。

 

造り付けの家具といっても

大層な造作がいるわけではないと思います。

縁側はベンチとして使えるし

デッキの端に背もたれを作って、

クッションを並べればソファにもなります。

 

↓シンボルツリーを囲むように、簡易ベンチを作っています。

 

↓ フェンスに小さな棚を付けることも可能です。

↓塗り壁につけることも。

 

デッキに座り込むのはちょっと…という場合は

クッション性のあるレジャーシートを敷いたら簡単です。

「庭」が徐々に

近しいものになってきたのではないでしょうか。

 

デッキの「地面」という用途だけに捉われず、

新しい見方を探してもらえたらなと思います。