アバター

下地が大事

本日は下地のお話です。

下地というのは、普段目にすることはないですが、

構造的にそのものを支えていたり、

塗材の下に、どのような処理をしていくかで、

仕上がりが変わってきたりもします。

例えば、30㎝角のタイルを貼るとしたら、

実寸で300㎜なのか295㎜なのか、

またタイルどおしの目地幅によっても

仕上がりのサイズが異なってきます。

だから仕上がりサイズからの逆算で

下地のサイズが決まってきます。

ある意味、

【 仕上がりは下地によって決まる 】

と言っても良いくらい大事です。

今回はベンチの下地ですが、

ベンチの下地は普段よく目にするブロックを積んでいます。

そこから左官下地できれいな面にしてから、

塗材を塗ったり、タイルを貼ったりします。

さて、どのような仕上がりになるのかは

また後日のお楽しみに。

 

hamuro