アバター

壁の仕上げ素材とは?

先週は下地についての話でしたが、

前回の話はコチラ

今日は仕上げについてのお話です。

仕上げには本当にいろいろな素材があります。

壁の仕上げについては、特に多いのが

塗料を塗ることです。

仕上げの色は何色もあり、

仕上げのパターンもいくつもあります。

↑こんなラフなイメージだったり、

↑刷毛で引いたようなイメージだったり。

ただどうしても塗壁の場合は、

時間がたつと雨だれが出てきます。

そこで汚れが気になる方は、

タイルを貼ることもあります。

さて、前回のブロックを積んだ上から、

左官下地という

ブロックの目地をなめらかします。

その後、座面には450㎜角のタイルを貼り、

背もたれ等は塗材を塗っています。

実は外構用のタイルは

滑り止めのため、基本的にザラついていますが、

座った時にあまり痛くないように、

ザラつきの少ないものをお選びしました。

仕上げ材の組み合わせは、無限にあります。

お庭の全体のイメージをしながら、

細部のおさまりなども決めていきます。

残りの工事もあと少し、

完成が楽しみです。

staff hamuro