アバター

外構・庭計画のお悩み解決策 その2

クリスマス当日ですね!
いかがお過ごしでしょうか。

わくわくな日でもありますが、
クリスマスを超えると
年賀状が元旦に届かないため
スタッフは年賀状準備でてんやわんやでした。

働く人あるあるではないでしょうか。
年末に向けていよいよ忙しくなりますが頑張りましょう


悩みポイント② ゾーニング

 

今日は先週に引き続き
新築外構・庭のお悩みポイントを
紹介していきたいと思います。

来年に新築が完成する方は
これを見て新築外構・庭計画に備えましょう。

(お悩みポイント①予算編はこちらから)

 

お悩みポイント②はゾーニング。

ゾーニングというのはコロナ関係で
耳にされた方も多いのではないでしょうか。
「感染者と感染していない人を分ける」
という意味で使われるこの言葉。
コロナ関係のみの言葉ではなく、
建築関係でもよく使われています。

要は、分類分けするということですね。

例えば、家の間取りには
ダイニング=食事をする場所
寝室=眠る部屋
客室=お客様が来た時に迎える場所
など、それぞれの役割にそった部屋がありますよね。
役割ごとで部屋を分けるのが
「ゾーニング」ということです。

 


外構・庭でのゾーニングとは

 

そのゾーニングは
外構や庭にもあります。

・車を止める場所
・玄関まで導くアプローチ
・くつろげるアウトドアリビングのスペース
などなど。

↑手前のコンクリート部分が駐車用のスペース、
 コンクリートの階段とそれを囲む木々がアプローチのスペース、
 駐車スペースの奥側、リビングと窓で繋がる場所がアウトドアリビングのスペースです

 

これを事前に決めておけば
外構と庭を無駄なく使いきることが出来ます。

雑草だらけの庭になってしまったり、
使い道のないスペースが庭にできてしまうのは
ゾーニングが不十分だからといっても
過言ではありません。

新築時は家のことで手いっぱいで
庭のゾーニングまでは追いつかなかった方が
リガーデンの相談にいらっしゃることも少なくありません。


↑使いやすいお庭に変身した例。
 ビフォーアフターは見ているこちらもわくわくします

 


nakashouの庭のゾーニング

外構・庭を十分に、長く、楽しんでもらうために
nakashouの庭ではゾーニングを重要視しています。

そこに住む人が、
外構や庭にどういった役割を求めているのかを
しっかり見極め、最適なゾーニングを提案する。

50周年を迎えた会社なので
外構・庭のゾーニングは数えきれないほど行ってきました。
しかし、それでも住む人は1人として同じ人はいません。
「だいたいみんなこうしてる」ではなく
それぞれの家族に合ったゾーニングを
提案していきたいと思っています。

 

ゾーニングで迷いがある方や
今のゾーニングでは、
空いた場所があり不安に思われている方は
ぜひご相談にお越しいただけたらなと思います。

 

それでは、新築外構のお悩みポイント②
ゾーニング編はこれにて終了としたいと思います。

年内の営業日も残りあとわずかとなりました。
2022年は1/7~営業再開です。
1/7~のご相談もお待ちしております。


■ 庭プラン、過ごし方、イメージをお探しの方へ

nakashouの庭 インスタグラム

先日もこのインスタグラムをみて
連絡をくださったお客様がいらっしゃいました。
画像からあれこれ想像するのも楽しいかもしれません。

■ 公開中のイベント各種
1月からのご相談に関してはこちらから
https://www.nakashou.jp/event/17969/

庭の実物を見てみたいという方へ
期間限定ですので、お早めに。